All photos by courtesy of SuperHeadz INa Babylon.

English
Loading

事務所の紹介

当事務所は,法律家としての活動を通じて様々な芸術活動を支援する法律事務所として、“For the Arts”を旗印に2003年に設立されました。出版,映像,演劇,音楽,ゲームなどのアート,エンタテインメント業界のクライアントに対する,契約交渉の代理,訴訟などの紛争処理,著作権など知的財産権に関するアドバイスの提供を中心的な取扱業務としています。

また,幅広い業種のクライアントのための企業法務,紛争処理にも力を入れております。

当事務所の所属弁護士は,弁護士としての社会貢献活動を重視しており,各自がそれぞれの課題をもって,弁護士会の委員会活動その他のプロボノ活動(公益活動)を積極的に行っています。

これまでのトピックスはこちら
トピックス

その他  骨董通り法律事務所For the Artsでは、新たに事務所メンバーを公募します(11月20日(月)必着)。詳しくは、「採用情報」 をご参照ください。

その他 2017年10月 福井健策が、内閣知的財産戦略本部において、検証・評価・企画委員に再任されました。

メディア 2017年10月8日 日経ヴェリタスにアニメ製作委員会に関する福井健策のコメントが掲載されました。

メディア 2017年10月5日 読売新聞大阪夕刊に、広がる美術展での「撮影OK」について福井健策のコメントが掲載されました。

メディア 2017年9月27日 BUSINESS LAWYERSの実務Q&Aに、唐津真美の解説「開発委託したコンピューター・プログラムを変更する際の注意点」が掲載されました。

メディア 2017年9月21日 BUSINESS LAWYERSの実務Q&Aに、桑野 雄一郎の解説 「アプリの画面デザインと著作権」、 「インターネット上での著作物の利用における例外規定」、 「SNSによる情報発信は「報道のための利用」に当てはまるのか」、 「ライセンサーが他社に著作権譲渡した場合の利用について」、 「利用者による複製でも管理者が著作物の利用行為の主体となる場合」の5件が掲載されました。

その他 2017年9月21日 メールマガジン第91号を配信しました。内容は、「Kotto Law メールマガジン バックナンバー」をご参照下さい。配信登録を希望される方は、お手数ですが、こちらの「配信申込」よりお手続きをお願いいたします。

メディア 2017年9月18日 京都新聞に、アーカイブサミット2017で福井健策が登壇したシンポの模様が掲載されました。

メディア 2017年9月12日 フジテレビ系「ホウドウキョク」にて、福井健策がチケット転売誤認逮捕についてコメントしました。

メディア 2017年9月8日 日本経済新聞デジタルに、「恋ダンス」動画削除に関する福井健策のコメントが掲載されました。

メディア 2017年9月7日 日本経済新聞朝刊にて、リーチサイト対策について福井健策のコメントが掲載されました。

メディア 2017年9月6日 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」及び読売新聞夕刊にて、JASRAC音楽教室裁判について福井健策がコメントしました。

メディア 2017年9月6日 NHK「ニュースウォッチ9」及び西日本新聞にて、ネタバレサイト摘発について福井健策がコメントしました。

その他 2017年9月1日 小林利明がパートナーに就任いたしました。経歴についてはこちらをご覧ください。

メディア 2017年8月30日 BUSINESS LAWYERS実務Q&Aに、唐津真美の解説「市販の音楽CDを配信する場合の注意点」、「チャリティコンサートの映像を利用する際の注意点(実演家人格権・著作隣接権)」、「古いCMを再利用する場合、出演者に再度許可を得る必要はあるのか」の3件が掲載されました。

その他 2017年8月29日 メールマガジン第90号を配信しました。内容は、「Kotto Law メールマガジン バックナンバー」をご参照下さい。配信登録を希望される方は、お手数ですが、こちらの「配信申込」よりお手続きをお願いいたします。

メディア 2017年8月28日 Yahoo! ニュース記事『図書館の本、「コピーは良い」のに「写真撮影はダメ」の不思議…法的根拠はあるの?』に、唐津真美の解説が掲載されました(弁護士ドットコムの元記事はこちら)。

メディア 2017年8月28日 発売の週刊AERAに、チケット高額転売問題に関する福井健策のコメントが掲載されます。

セミナー・講演

2017年11月30日  映像産業振興機構(VIPO)主催にて、福井健策が「動画制作とライブイベントの音楽著作権入門」と題する公開講座を行います。

2017年11月27日  福井健策がZ会「総合探求講座」にて中高生に向けて著作権セミナーを行います(ネット配信)。

2017年11月15日  福井健策が東京ビッグサイトにおける「産業交流展2017」メインステージにて、AIが生み出すコンテンツのインパクトと知的財産権に関する講演を行います(一般公開)。

2017年11月11日  世田谷区立富士中学校にて、福井健策が「ここまでOK!ここからNG!誰でもわかる著作権入門」と題するPTA主催のレクチャーを行います(保護者対象)。

2017年11月9日  全日本CM放送連盟(ACC)にて、福井健策が広告と著作権をテーマに講演を行います(会員対象)。

2017年11月9日  パシフィコ横浜「第19回図書館総合展」にて、福井健策が「音楽、JASRAC、楽譜の権利問題」について講演を行います(一般公開)。

2017年10月28日  熊本県立劇場において福井健策が「基礎から学ぶ!著作権講座」と題する講演を行います(一般公開)。

2017年10月24日  経団連事業サービス主催にて、福井健策が著作権、肖像権の基礎知識セミナーを行います(一般公開)。

2017年10月19日  明治大学先端メディアサイエンス講義において、福井健策がAIコンテンツの社会影響に関するゲスト講義を行います(学生対象)。

2017年10月19日  日弁連知財研修において福井健策が「増大するAIコンテンツ、その社会影響と知的財産制度」と題するレクチャーを行います(全国同時配信。会員向け)。

2017年10月14日  青空文庫20周年記念イベントに福井健策が登壇します(一般公開)。

2017年10月12日  福井健策・北澤尚登・岡本健太郎が担当する東京藝大の今期講義がスタートします。今期は大人計画社長の長坂まき子さん・漫画家の赤松健さんをゲストに迎えて送ります。

2017年10月5日  唐津真美が、CRIC主催「関西地区著作権ビジネス講座」に登壇し「音楽ビジネスに関わるアーティストの諸権利と契約のポイント」と題する講演を行います(一般公開)。

2017年10月3日  福井健策がエンターテインメントロイヤーズネットワーク主催にて、「新世代アートロイヤーの流儀」と題する公開トークの司会を務めます(非会員有料・予約不要)。

2017年10月2日  神戸大学大学院法学博士課程において、弊所のメンバーが分担で講師を務める「エンタテインメント法実務」講義が開講します(関係者対象。東京オフィスからサテライト配信)。

2017年9月27日  福井健策が、日本ライセンス協会主催にて大阪で「人工知能、ビッグデータと知的財産権」と題する講演を行います(一般公開 ※6月に豪雨のため中止となった講演の延期開催です)。

2017年9月20日  Lawasia東京大会において、福井健策が「デジタル時代におけるクリエイターへの対価還元と著作権の集中管理」と題するセッションに登壇しました(一般公開)。また、9月21日 、登壇の模様がヤフーニュース(弁護士ドットコム)に掲載されました。

2017年9月16日  東京大学においてデジタルアーカイブ学会主催にて、福井健策が「デジタルアーカイブに関わる肖像権を60分で学ぶ」と題するレクチャーをおこないます(一般公開)。

これまでのトピックスはこちら

骨董通り法律事務所:
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
  • 事務所地図へ