All photos by courtesy of SuperHeadz INa Babylon.

English

所属弁護士 attorneys

福井 健策  Fukui Kensaku

経歴

   
神奈川県立湘南高等学校出身
1991年
東京大学法学部卒業
1993年
弁護士登録(第二東京弁護士会・45期)
東京永和法律事務所入所
1998年
米国コロンビア大学法学修士課程修了(Harlan Fiske Stone Scholar 賞、セゾン文化財団スカラシップ)
1998-1999年
シンガポール国立大学(NUS) リサーチスカラー(アジア諸国の放送政策に関する助成研究)
1999年-
内藤・清水法律事務所(現青山総合法律事務所)パートナー
2003年
骨董通り法律事務所を設立  (現在、同代表パートナー)
2009年-
日本大学芸術学部 客員教授を兼務
2011年-
国立国会図書館 オンライン資料の補償に関する小委員会 委員長
2015年-
納本制度審議会 会長代理
2017年-
神戸大学大学院客員教授を兼務

著書・論文

著作権法コンメンタール 第2版勁草書房〔共著〕
『18歳の著作権入門』ちくまプリマー新書
『誰が「知」を独占するのか -デジタルアーカイブ戦争』集英社新書
『「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか』光文社新書
『なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門』阪急コミュニケーションズ〔共著〕
『ビジネスパーソンのための契約の教科書』文春新書
『著作権の世紀~変わる「情報の独占制度」』集英社新書
『エンタテインメントと著作権』1-5巻社団法人著作権情報センター〔編著〕
『著作権とは何か~文化と創造のゆくえ』集英社新書
『エンタテインメントの罠 アメリカ映画・音楽・演劇ビジネスと契約マニュアル』すばる舎〔編著〕
『舞台芸術と法律ハンドブック』芸団協出版部〔編著〕
「映画ビッグバンの法的諸問題」NBL誌連載
『エンタテインメント法への招待』ミネルヴァ書房〔共著〕
『著作権判例百選 第4版』(別冊ジュリストNo.198)有斐閣(2009年)
『著作権判例百選 第5版』(別冊ジュリストNo.231)有斐閣(2016年)
『現代用語の基礎知識(知的財産権項目)』自由国民社(2013年度、2014年度、2015年度、2016年度) ほか
連載 : 日経デザイン「福井弁護士の著作権教室」(2016年1月~)
     アニメビジエンス「福井健策の著作権と法務とアニメ」(2013年夏号~)
     CNET Japan「18歳からの著作権入門(2014年、全20回)
     Internet Watch「福井弁護士の著作権ここがポイント(不定期) ほか

その他

ニューヨーク州弁護士
東京藝術大学非常勤講師(2004年-)
東京大学大学院(人文社会系研究科)非常勤講師(2007-2010年、2014年)
第二東京弁護士会 公害・環境委員会委員長(2004年度)
同都市交通部会長(2010-2014年)
thinkC世話人(2006年-)
経済産業省「映像コンテンツ制作の委託取引に関する調査研究」ほか委員(2006年)
文化庁「次世代ネットワーク社会における著作権制度のあり方に関する調査研究」委員(2006年)
国立国会図書館 納本制度審議会 委員(2009年-)
同納本制度審議会代償金部会 部会長代理(2011-2015年)
文化庁「著作物等のネットワーク流通促進のための意思表示システムの在り方に関する調査研究」主査(2011年)
文化庁「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験(文化庁eBooks)」ワーキンググループ主査(2012年)
総務省「コンテンツ海外展開のための国際共同製作に係る事業企画の選定」選考委員(2013年)
文化資源戦略会議 企画委員(2013年-)
日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム理事(2013年-)
本の未来基金理事(2013年-)
さいとう・たかを劇画文化財団理事(2014年-)
内閣「知的財産戦略本部」検証・評価・企画委員会 委員(2015年-)
経済産業省「第四次産業革命に向けた横断的制度研究会 」委員(2016年)
総務省「ICTインテリジェント化影響評価検討会議 」委員(2016年)
総務省「AIネットワーク社会推進会議 開発原則分科会」及び同「影響評価分科会」委員(2016年-)
総務省「情報通信法学研究会」構成員(2017年1月-)
日本動画協会「アニメNEXT100」統括会議アドバイザー(2016年-)
デジタルアーカイブ学会理事兼法制部会長(2017年-)
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事(2017年-)
Twitter: @fukuikensaku

桑野 雄一郎  Kuwano Yuichiro

経歴

   
千葉県立千葉高等学校出身
1991年
早稲田大学法学部卒業
1993年
弁護士登録(第二東京弁護士会・45期)
濱田松本法律事務所入所
1998-2001年
最高裁判所司法研修所・所付を兼務
1999-2002年
中央学院大学・非常勤講師を兼務
2001年-
濱田松本法律事務所パートナー
2002年
統合により森・濱田松本法律事務所と改称
2003年
骨董通り法律事務所を設立
2006-2009年
最高裁判所司法研修所・教官を兼務
2005-2016年
株式会社昭文社社外監査役を兼務
2009-2017年
島根大学大学院法務研究科(山陰法科大学院)教授を兼務

著書・論文

「中間成果物的著作物をめぐる著作権法上の権利関係(上)(下)」特許ニュース 14453号・14454号
著作権判例百選 第5版』(別冊ジュリストNo.231)有斐閣〔共著〕(2016年)
「刑罰法規としての著作権法~マルシーポリスとの付き合い方~」コピライト(講演録)2016年12月号
逮捕・勾留の効力の及ぶ範囲島大法学第57巻第2号(2014年)
著作権法コンメンタールレクシスネクシス・ジャパン〔共著〕(2013年)
外国著作権法令集(46) -ロシア編―社団法人著作権情報センター[翻訳](2012年)
「電子出版における出版社とクリエイターの法律関係」コピライト(講演録)2011年9月号
著作権侵害の罪の客観的構成要件島大法学第54巻第1・2号(2010年)
『出版・マンガビジネスの著作権』社団法人著作権情報センター(2009年)
「まんが出版ビジネスをめぐる新たな著作権問題」コピライト(講演録)2008年3月号
「家族のスナップ写真に著作物性を肯定――『東京アウトサイダーズ』出版差止請求事件(平成19.5.31知財高判)<判例紹介>」コピライト2007年9月号
『舞台芸術と法律ハンドブック』芸団協出版部[編著](2002年)
『著作権判例百選』(別冊ジュリストNo.157)有斐閣〔共著〕(2001年)
『著作権法コンメンタール』東京布井出版〔共著〕(2000年)
連載 : Web Designing 「著作権にまつわるエトセトラ」(2015年9月号-) ほか

その他

警察大学校講師(2002年-)
東京藝術大学,同大学院非常勤講師(2003年-)
株式会社昭文社社外監査役(2005年-)
社団法人創画会理事(2006年-)
NPO法人芸術家のくすり箱監事(2007年-)
第二東京弁護士会仲裁センター仲裁人候補者(2007年-)
社会福祉法人萌樹会監事(2011年-)
公益社団法人日弁連法務研究財団法科大学院認証評価員(2012年-)
原子力損害賠償紛争解決センター仲介委員(2012年-)
一般社団法人ファイト新聞社理事(2013年-)
山梨学院大学法科大学院非常勤講師(2014年-)
成蹊大学法科大学院非常勤講師(2015年-)
豊田通商株式会社監査役(2016年-)
株式会社昭文社監査等委員である取締役(2016年-)
島根大学大学院法務研究科(山陰法科大学院)特任教授(2017年-)

二関 辰郎  Ninoseki Tatsuo

経歴

   
東京都立西高等学校出身
1987年
一橋大学法学部卒業
1987-1990年
ソニー株式会社法務部勤務
1994年
弁護士登録(第二東京弁護士会・46期)
古賀総合法律事務所入所
1998年
ニューヨーク大学法学修士課程修了
(LL.M. in Trade Regulation; 知的財産権集中コース)
1998-1999年
ニューヨーク市Rosenman & Colin
(現Katten Muchin Rosenman LLP)法律事務所の訴訟部門にて研修
1999年
新東京法律事務所に勤務
2003年-
新東京法律事務所パートナー
2004年5月-
骨董通り法律事務所パートナー

著書・論文

『ライブイベント・ビジネスの著作権』社団法人著作権情報センター〔共著〕(2015年)
  ( 『ライブ・エンタテインメントの著作権』(2006年) 改題・改訂版)

「第三者機関を通じたパーソナルデータの保護」自由と正義2014年12月号
『新基本法コンメンタール 情報公開法・個人情報保護法・公文書管理法』日本評論社〔共著〕(2013年)
『ソーシャルメディア時代の個人情報保護Q&A』日本評論社〔共著〕(2012年)
『情報公開を進めるための公文書管理法解説』日本評論社〔共著〕(2011年)
「個人情報保護法に基づく開示請求の権利性~裁判規範性を否定した東京地裁判決の批判的検討」自由と正義2008年4月号
「個人情報の第三者提供と不法行為の成否」法律時報2006年7月号
『Q&A個人情報保護法解説〔第2版〕』三省堂〔共著〕(2005年)
「個人情報保護の今後の方向と課題」ジュリスト2003年10月1日号
「ネット上の法的トラブルと現行法での対応」ITUジャーナル2003年4月号
『舞台芸術と法律ハンドブック』芸団協出版部〔共著〕(2002年)
「米国インターネット法の発展状況(1)-(7)」国際商事法務〔訳〕(1999年)
『情報公開法~立法の論点と知る権利』三省堂〔共著〕(1998年) ほか

その他

ニューヨーク州弁護士
最高裁判所司法研修所教官を兼務(2011-2014年)
日弁連情報問題対策委員会委員長(2017年度-)、同副委員長(2009-2010年度)
   同事務局長(2002年-2006年度)
第二東京弁護士会情報公開・個人情報保護委員会委員長(2008・2009年度)
BPO(放送倫理・番組向上機構)放送人権委員会委員(2015年度-)
独立行政法人国民生活センター客員講師(2004年-)
明治学院大学法科大学院非常勤講師(2006年-2010年)

唐津 真美  Karatsu Mami

経歴

   
筑波大学附属高等学校出身
1993年
早稲田大学法学部卒業
1996年
弁護士登録(第一東京弁護士会・48期)
東京永和法律事務所入所
1999年
米国ハーバード大学法学修士課程修了
フレッシュフィールズ法律事務所入所
1999-2000年
Freshfields Bruckhaus Deringer ロンドンオフィス
コーポレート,知的財産及びファイナンスの各部門にて研修
2000年-
フレッシュフィールズ法律事務所に勤務
2005年1月-
骨董通り法律事務所 パートナー
2011年1月-
東京簡易裁判所 司法委員を兼務
2015年1月-
骨董通り法律事務所 オブカウンセル

著書・論文

「ビジネスシーンから考える 著作権のキホン」ビジネス法務 2016年6-12月号連載
「著作権等管理事業者-その役割と利用法-」知財管理 2016年7月号
「ビジネスで必要な著作権の基礎知識」ビジネス法務 2016年1月号
「視聴覚的実演をめぐる著作権法の現在地点~北京条約を読み解きながら今後の課題を検討する~」コピライト(講演録)2014年5月号
「似てる?似てない? 著作権侵害の判断の基本」Business Law Journal 2012年12月号
『有限責任事業組合LLPの法律と登記』日本法令〔共著〕(2005年)
『舞台芸術と法律ハンドブック』芸団協出版部〔共著〕(2002年)
『オンライン・ロー』七賢出版〔共訳〕(1998年) ほか

その他

ニューヨーク州弁護士
第一東京弁護士会 法教育委員会副委員長
第一東京弁護士会 仲裁センター仲裁人(2014年-)
東京簡易裁判所 司法委員(2011年-)
International Fiscal Association会員
ULSグループ株式会社社外監査役
特定非営利活動法人AIMS監事
第一東京弁護士会 常議員(2017年-)
日本弁護士連合会 代議員(2017年-)

松島 恵美  Matsushima Emi

経歴

   
桜蔭高等学校出身
1989年
上智大学法学部国際関係法学科卒業
(株)三菱信託銀行勤務を経て、
1993年
米国ニューヨーク大学比較法学修士課程修了
1993-1994年
米国Davis & Gilbertにてアソシエイトとして勤務
1999年
弁護士登録(第二東京弁護士会・51期)
濱田松本法律事務所に入所
2001年
ソニー(株)法務部に勤務
2003年-
(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントに勤務
(2005年よりジェネラル・カウンセル)
2007年5月
骨董通り法律事務所加入 オブカウンセル
2008年1月-
骨董通り法律事務所 パートナー
2012-2014年
東京簡易裁判所 司法委員を兼務
2014年10月-
沖縄科学技術大学院大学 統括弁護士
2015年1月-
骨董通り法律事務所 オブカウンセル

著書・論文

「その作品は誰のもの?」月刊MdN「デザイナーのための著作権と法律講座」(2013年10月号)
著作権法コンメンタールレクシスネクシス・ジャパン〔共著〕(2013年)
『クリエイターのための法律相談所』グラフィック社〔共著〕(2012年)
「オプションアグリーメント~小説の映像化の場合~」経済産業省「平成22年度コンテンツ産業人材発掘・育成事業(有望若手映像等人材海外研修事業)」プロデューサーカリキュラム/ユニジャパン (2011年)
「時代に揺れる日本の著作権のゆくえ」Journalism2008年12月号〔共著〕
「デザイナーが知っておきたい下請法を考える Q&A」PACKAGE DESIGN 08(2008年12月)
「デザイナーが知っておきたい著作権を考える Q&A」PACKAGE DESIGN 05-07連載(2008年2月-2008年7月)
『舞台芸術と法律ハンドブック』芸団協出版部〔共著〕(2002年)
『オンライン・ロー』七賢出版〔共訳〕(1998年)

その他

ニューヨーク州弁護士
中央学院大学知的所有権法 非常勤講師(1999年-2001年)
東京簡易裁判所 司法委員(2012年-2014年)

北澤 尚登  Kitazawa Hisato

経歴

   
開成高等学校出身
1997年
東京大学法学部卒業
2000年
弁護士登録(第一東京弁護士会・53期)
内藤・清水法律事務所入所
2001年
ユーワパートナーズ法律事務所入所
2003年
統合によりシティユーワ法律事務所と改称
2005年
米国デューク大学法学修士課程修了
2005-2006年
米国の法律事務所 Hughes Hubbard & Reed LLP (ロサンゼルス)にて研修
2006年9-11月
イタリアの法律事務所 Gianni, Origoni, Grippo & Partners (ローマ)にて研修
2009年2月
骨董通り法律事務所加入
2011年10月-
骨董通り法律事務所パートナー

著書・論文

「デジタル広告クリエイティブの肖像権・著作権 実務必修のチェックポイント」宣伝会議 2016年8月号
「コンテンツ制作における著作権・商標権侵害リスク対策のポイント」宣伝会議 2015年11月号
「『電子書籍』時代における著作権の法と契約 :Google Books訴訟における米国裁判所のフェアユース判断をふまえて」現代の図書館(日本図書館協会)2013年12月号〔共著〕
平成24年著作権法改正と大学への影響日本私立大学連盟 大学時報 第346号
「デジタルコンテンツの制作にも対応できる 契約書・社内文書の押さえどころ」ビジネス法務2012年2月号
「『グーグル・ブックス』米国クラスアクション和解のインパクト - 電子書籍の著作権処理をめぐる現状と課題」ジュリスト2010年8月1-15日合併号〔共著〕
「著作権登録の実務的研究 - 登録制度は使えるのか/どう使うべきか/どう改善すべきか - 」知財管理2010年2月号〔共著〕

その他

ニューヨーク州弁護士
原子力損害賠償紛争解決センター 仲介委員(2011年-)
第一東京弁護士会 仲裁センター運営委員会 副委員長(2012年-)
東北大学 非常勤講師(2013年;集中講義「現代社会と著作権」)
東京藝術大学 非常勤講師(2014年-;芸術運営論(著作権)講義)
静岡文化芸術大学 非常勤講師(2015年-;大学院講義「知的財産と法」)
第一東京弁護士会 民事介入暴力対策委員会 副委員長(2016年-)

鈴木 里佳  Suzuki Rika

経歴

   
お茶の水女子大学附属高等学校出身
2005年
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2007年
弁護士登録(第二東京弁護士会・60期)
森・濱田松本法律事務所入所
2010年6月
骨董通り法律事務所加入
2012年7月
  
  -2015年6月
国内大手番組制作会社に出向
2016年7月
米国コロンビア大学ロースクール “U.S. Business Law Academy”修了

著書・論文

ディジタル著作権の基礎から最前線まで 電子情報通信学会誌 Vol.99 No.2 〔共著〕 2016年
「ピンク・レディー事件最高裁判決──姿を現した、メディアにおける写真利用の新ルール」月刊新聞研究2012年5月号〔共著〕

小林 利明  Kobayashi Toshiaki

経歴

   
開成高等学校出身
2004年
東京大学法学部卒業
2006年
慶応義塾大学法科大学院卒業
2007年
弁護士登録(第一東京弁護士会・60期)
長島・大野・常松法律事務所入所
2013年
ニューヨーク大学法学修士課程修了
2013-2014年
米国の法律事務所 Quinn Emanuel Urquhart & Sullivan LLP (ロサンゼルス)
にて研修
2014年9月
骨董通り法律事務所加入

著書・論文

スポーツ選手の権利とは何か 法学教室 2016年9月号(No.432)〔共著〕
パロディ商標と不登録事由 ジュリスト 2016年8月号
原著作物の寄与度を考慮した損害額減額の主張が排斥された事例 ジュリスト 2016年2月号
応用美術(椅子)の著作物性 ジュリスト 2015年9月号
米国におけるコピーライト・トロールの活動実態と日本への示唆 知財研フォーラム 101号〔共著〕(2015年)
「Enforcement of Foreign Judgments Japan」 Wolters Kluwer Law & Business 〔共著〕(2012年)
「Assessing the consequences」 Asian-Counsel (Volume 8 Issue 7) 〔共著〕 2010年
「Be careful with redundancies」 The 2010 Guide to Japan 8th Edition, A Supplement to International Financial Law Review 〔共著〕(2010年)
「もみじ銀行事件等を踏まえ、規程の見直しを!退職慰労金打切りの紛争リスクと対応」 旬刊経理情報 2011年1月1日号(No.1269)〔共著〕(2010年)

その他

ニューヨーク州弁護士
著作権法学会会員
日本スポーツ法学会会員
経営法曹会議会員

岡本 健太郎  Okamoto Kentaro

経歴

   
岐阜県立岐阜高等学校出身
1998年
慶應義塾大学経済学部卒業
1998-2004年
ロイター・ジャパン(株) / ロイター・グループPLC(ロンドン)
(現トムソン・ロイター・マーケッツ(株)/トムソン・ロイター)に勤務
2007年
一橋大学法科大学院(ビジネス・ロー コース)修了
2008年
弁護士登録(東京弁護士会・61期)
柳田野村法律事務所(現柳田国際法律事務所)入所
2014年
米国ペンシルバニア大学法学修士課程修了(Distinction)
Wharton Business and Law Certificate修了
2014年
松田綜合法律事務所入所
2015年9月
骨董通り法律事務所加入

著書・論文

「平成28年著作権法関係裁判例紹介」パテント 2017年6月号(Vol.70)
TPP後の著作権 - 保護期間延長と非親告罪化を中心に現代の図書館 54巻2号〔共著〕(2016年)
TPPと著作権実務へのインパクト知財研フォーラム105号〔共著〕(2016年)
倒産手続選択ハンドブック 改訂版ぎょうせい〔共著〕(2012年)
民事弁護ガイドブックぎょうせい〔共著〕(2011年)

その他

ニューヨーク州弁護士
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)
著作権法学会会員
法とコンピュータ学会会員
東京藝術大学 非常勤講師(2016年-)
神戸大学大学院 客員准教授(2017年-)

中川 隆太郎  Nakagawa Ryutaro

経歴

   
ラ・サール高等学校出身
2006年
東京大学法学部卒業
2008年
早稲田大学大学院法務研究科修了
2009年
弁護士登録(第一東京弁護士会・62期)
長島・大野・常松法律事務所入所
2012年12月
骨董通り法律事務所加入
2015年7月
  
  -2016年8月
国内大手番組制作会社に出向
2016年9月-
パリ第2大学法学修士課程留学(LL.M in European Law)

著書・論文

「ブランドマネジメントの現場における商標パロディ対応策 フランク三浦事件知財高裁判決を契機として」 Business Law Journal 2017年1月号
著作権法コンメンタール 第2版勁草書房〔共著〕(2015年)
CC 4.0時代のオープンデータとライセンスデザイン情報の科学と技術 2015年12月号(65巻12号)
「問い直される実用品デザインの保護のルール ―TRIPP TRAPP事件知財高裁判決のインパクト―」コピライト 2015年9月号
アーカイブ立国宣言ポット出版〔共著〕(2014年)
UGCと著作権ー進化するコンテンツの生態系 IPマネジメントレビュー14号〔共著〕
ビジネスにおけるパロディ利用の現在地-企業によるパロディと著作権・商標権・不正競争・パブリシティ権-知財管理2014年8月号〔共著〕
デザイナーのための著作権と法律講座月刊MdN 2013年8月号~2014年7月号〔共同担当〕

その他

著作権法学会会員
第一東京弁護士会 総合法律研究所 知的所有権法研究部会会員
文化資源戦略会議事務局(2013年-)
Fashion Law Institute Japan研究員(2015年-)
東京大学政策ビジョン研究センター デザイン法研究会委員(2016年-)

橋本 阿友子  Hashimoto Ayuko

経歴

   
同志社女子高等学校出身
2007年
京都大学法学部卒業
2009年
京都大学法科大学院修了
2011年
弁護士登録(東京弁護士会・新64期)
2012年1月
東京青山・青木・狛法律事務所ベーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業)(現ベーカー&マッケンジー法律事務所)入所
2013年5月
金子・中・橋本法律事務所(現金子・中・橋本法律特許事務所)入所(大阪弁護士会)
2017年3月
骨董通り法律事務所加入(第二東京弁護士会)

その他

第5回日本香港国際コンクールピアノ部門第3位入賞(プロフェッショナルカテゴリー上級クラス)ほか(2016年7月)
カーネギーホール(NYC)にてピアノ演奏 (2016年7月)
著作権法学会会員
ALAI JAPAN会員
デジタルアーカイブ学会法制部会員(2017年-)