All photos by courtesy of SuperHeadz INa Babylon.

English

採用情報 topics

正式名称

骨董通り法律事務所 Kotto Dori Law Office

所在地

〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1階
電話 03(5766)8980 [代表]

弁護士・秘書の募集

現在、新規の募集はおこなっておりません。
募集の際は随時、本欄に掲載のうえ、メールマガジンでも告知いたします。



2018年夏のインターン募集(ロースクール在学生・本年司法試験を受験した方)

骨董通り法律事務所では、エンタテインメント・メディア法務に興味のあるロースクール在学生および本年司法試験を受験した方に、就業体験の機会を提供します。

【内容】 事務所に在籍する弁護士の指示・監督のもと、案件の検討、リサーチ、メモランダムの作成等を通じて、エンタテインメント・メディア法務の実務を体験していただきます。

【応募資格】 エンタテインメント・メディア法務に興味のあるロースクール在学生または本年司法試験を受験した方で、著作権法に関する基本的知識のある方

【期間】 2018年7月から8月末までの間の、原則として連続する4日間(火曜日から金曜日) (時期は応相談)。実施期間についての詳細は下記をご確認ください。

      ■本年司法試験を受験した方 2018年7月2日(月)から7月20日(金)
      ■ロースクール在学生(※) 2018年7月下旬から8月末まで
       ※本年司法試験を受験した方を除く

【時間】 10時から18時まで(途中1時間昼休憩あり)

【場所】 当事務所

【募集人数】 ロースクール在学生・本年司法試験を受験した方 若干名

【待遇】 日当1万円(諸税込み)支給(交通費、食費は支給されません)

【応募方法】 履歴書(写真貼付・採否通知先のメールアドレスも記載)とともに、志望動機、著作権法履修の有無、他のインターン先やその他アピールポイント(もしあれば)を記載した書類を、下記送付先宛にご郵送またはEメールにてお送りください。
応募書類の返送を希望される場合は、返信用封筒を同封してください。

      (郵送)
       〒107-0062
       東京都港区南青山5丁目18番5号 南青山ポイント1階
       骨董通り法律事務所 夏のインターン募集係宛

      (Eメール)
       recruit@kottolaw.com

【応募締切】
      ■本年司法試験を受験した方 2018年6月19日(火) 消印有効
      ■ロースクール在学生(※) 2018年5月31日(木) 消印有効
       ※本年司法試験を受験した方を除く

【採否のご連絡】 履歴書記載のメールアドレスにご連絡いたします。

【個人情報について】 インターン募集過程で当事務所が取得した個人情報は、選考手続、採否に関するご連絡等のインターン・プログラムの運営、実施の目的でのみ利用させていただき、個人情報保護法その他の法令により認められる事由がある場合を除き、ご本人の同意がない限り、この範囲を超えて個人情報を利用することはありません。



<2017年夏のインターンの方の声>

私は法科大学院卒業後の8月にインターンに伺いました。司法試験後から結果発表前という時期は、今後どのように働いていくのか考える良い機会だと思います。このような時期にエンタメ法務の最先端である骨董通り法律事務所でインターンをすると、他にない案件を拝見でき、他にない個性的な先生方とお会いして、自分のキャリアプランを描くことができました。特に、動いている実際の案件に関わらせてくださり、実務に出るという意味を強く感じたことが印象的でした。
  慶應義塾大学法科大学院 卒業生 S・Mさん

業務としては現在進行中の案件に対する判例調査やドキュメントの翻訳等を行い、福井先生のインタビューに同席する機会もありました。インターンを通して法制度への理解のみならず、業界特有の文化や慣行にも精通していることの重要さを実感しました。私は三年の夏期休業中に参加しましたが、将来のビジョンを描く素敵な体験となりました。骨董通り法律事務所の個性的な先生やスタッフの方々に囲まれて、濃密な一週間を過ごすことができました。
  中央大学法科大学院 在学生 S・Sさん

私はロースクール最終学年時に参加させて頂きましたが、在学中に参加することで、自らの就職や業務分野を考えるにあたり、大いに良い影響を受けました。同時に、エンタメ関連案件に必要な知識や着眼点を身に付けることができ、さらに実際の案件・契約等に触れることで業務内容がどういったものかを学ぶことができました。また、アート、エンタメ分野の最前線で活躍される先生方との4日間は、なによりも刺激的でした。
  東京大学法科大学院 在学生 M・Hさん